CS Construction

CS構法

安心安全な構造

骨組+枠組=耐震²

在来工法“点と線”+2×4工法“面”=ハイブリッドCS構法。それぞれのメリットを併せもつ耐震住宅。

日本の伝統的な工法である、在来工法(木造軸組工法:柱と梁の組み合わせによって構造体を構成)に2×4工法(枠組壁工法:木材パネルによる壁によって構造体を構成)のメリットを組み合わせることにより、耐震性・耐風性に優れた性能を発揮します。

在来工法

在来工法のメリット

□ 設計自由度が比較的高めの工法
□ 将来の間取り変更や改造が比較的容易にできる
□ 近年、耐震性向上のために壁量が増えているが、
それでも開口幅は大きく取れる

2×4工法

2×4工法のメリット

□ 枠組壁工法なので耐震性が優れている
□ 気密性能が高い
□ 部材相互の密着性が高いため防火性・断熱性に優れている

 

従来の在来工法、2×4工法どちらかの工法で建築するという選択をすることなく、互いのメリットを併せもつ優れた構法。一般的な在来工法の壁・床・屋根・小屋面を構造用面材で補強し、住まいを箱のように一体化。2×4工法のように複雑に加わる外力を分散させ、バランスよく受け止めることで、接合部への集中を防ぎ、木の住まいのイメージを覆すほどの高い安全性を生み出します。

堅固な耐震壁

耐震性・耐風性に優れた耐力壁。さらには大きな窓・自由な設計も実現。

地震や風などの水平荷重(横からの力)に抵抗する力をもつ壁。耐震・耐風性能を強化します。さらには強いだけではない、大きな窓、自由な設計を実現した耐震壁を
採用しています。

構造用耐力面材【novopan STPⅡ】

当社使用のパーティクルボード、novopanSTPⅡは耐力面材に求められる、せん断性能が優れています。そのため。novopanSTPⅡは木造軸組工法(大壁)で2.9倍という高い壁倍率を取得。パーティクルボードの特性を活かすことで、地震や台風に強い家をつくることができます。

人工の岩盤

建物全体を一枚のコンクリートの岩盤で支える。しっかり安定した台地に堅牢な基礎

一見、しっかりした地盤も場所によって強弱があり、場合によっては柔らかい部分だけが沈み込む不同沈下という現象を起こすことがあります。
そのような事態を未然にふせぐため、建物全体をしっかり支え込むベタ基礎を採用。地震などの揺れにも強いしっかりした基礎となっております。
ベタ基礎にすることにより、地面全体を基礎で覆うため、建物の荷重を分散して耐久性や耐震性を向上させることができるのです。

快適・健康な環境

高性能断熱で包み込む

人が快適と感じる温度・湿度を保つ為に、外部環境と遮断。

一年中快適な生活を維持する為には、室内の温度、湿度を適切に保つことが重要です。
室内の温度と湿度は、住まう人の健康に大きな影響を及ぼします。そこで人が快適と感じる温度、湿度を保つ為に住空間を厳しい外部環境と遮断する必要があります。それを住まいの断熱性能を高めることで実現します。

断熱で重要な役割を持つ窓

基本性能は「断熱」+用途に合わせた付加機能。

住まいの快適さを大きく左右する要因の一つが熱です。冷暖房効果の低下や、結露の発生など、熱の移動によって、住まいの快適さを損なう様々な問題が起こります。
複層ガラスは、熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、それらの問題の多くを解決します。

最新の細繊維技術により断熱性UP

一般のグラスウールに比べて細い繊維で構成された高性能グラスウール。

私たちがよく耳にする「断熱材」とは、建築物を建てる際に使われる"住宅建材"の分類です。
主な目的は室外からの熱や冷気を遮断し、室内温度を一定に保つことで、温度調整以外にも、防音効果や湿度調整といった効果もあります。当社では充填断熱工法を採用しています。

グラスウール
【Aclear(アクリア)】

主な目的は室外からの熱や冷気を遮断し、室内温

度を一定に保つことで、温度調整以外にも防音効果や湿度調整といった効果もあります

 

■ 火に強い

都市部の住宅地で火災が発生すると、わずか30分で隣家の外壁は800℃を超える高温にさらされます。ガラスを原料としたグラスウールは高温に強く、燃えにくい不燃材ですので、延焼や類焼防止に効果があります。

■ 結露に強い

従来のグラスウールに付属の防湿フィルムと比べ、耳幅が広くなっており、より確実な防湿施工ができます。

■ 長い間安定した断熱性能を発揮

グラスウールは、経年劣化の少ないガラスからつくられています。長期間経っても性能劣化の少ない断熱材です。建築後約18年〜22年経った木造住宅の壁の中のグラスウールを調べたところ、寸法、断熱性能とも変化なく、変わらない性能を保っています。

■ 家族の健康・安心に配慮

旭ファイバーグラスのグラスウール製品には、過去から現在に至るまでアスベストを一切使用しておりません。グラスウールはアスベストとは異なり、リサイクルガラスを主原料とした人体に安全な人口繊維です。世界保健機関(WHO)の下部組織であり、最も権威がある国際がん研究機関(IARC)はグラスウールを「ヒトに対して発がん性に分類されない」区分であるグループ3に分類しています。

 

空気の通り道

壁と柱の間に隙間を作り湿気を逃してやり、内部結露を防ぐ。

木造住宅の外壁に覆われた空洞部には、室内からの湿気が侵入したり、断熱材の僅かな隙間が原因で、建物内外の温度差による結露が常習化します。外装材と躯体の間に設けられた通気層には、つねに上向気流が流れます。この気流により壁体内に滞留する湿気を吸い出すことで、湿気の飽和状態を抑制し、結露を防ぐ仕組みが「通気工法」であり、木造の耐久性向上に不可欠な条件とされています。

  

■ 軒裏通気工法

小屋裏の空気を循環させる為に軒裏に設けた換気口から風を取り込みます。

  

■ 棟通気工法

家の中で発生した湿気や暖かい空気を棟部分の換気口から外へスムーズに排出します。

  

■ 外壁通気工法

壁の中の通気層に新鮮な空気を流すことで、壁の中の湿気を屋外に排出し、構造性能をベストな状態に保ちます。

  

■ 全周床下通気工法

土台と基礎の間に「床下換気部材」を入れることにより、家のどの位置からでも床下に風が取り込めます。

常に新鮮な空気

24時間換気システム

計画換気システムには大きく分けて排気のみを機械で行う第三種換気と給排気を機械で行う第一種換気があります。当社では第三種換気を採用しています。